二股から本命にさせる業とは

ここちよい暮らし > 日記 > 二股から本命にさせる業とは

二股から本命にさせる業とは

「今回は俺が払うから、今度俺にごちそうしてね(笑)」などと言えたならば、女性に悪いのかなという気持ちを意識させず、場の空気を和まして、もう一回のデートの約束にこぎつくと思われます。
「今日のぶんは私が払うから、今度のぶんはごちそうしてね(笑)」などと言えたならば、女性にいいのかなという感情を意識させることなく、場を和やかな雰囲気にして、また今度の約束にきっとこぎつけることが考えられる。
理解できないことはない。確かに現実のものとして深呼吸して考えればありえないきれいごとかもしれない。だけど、そうなってほしいとか、非現実的な夢だって本当はわかってても本心から夢見るのが恋愛に違いない。
現実的な例では、ちょっと離れたところにいる好意を持っている男性を呼んでみたときに、早足とか走って近づいてきたら、嫌いじゃないという気持ちを持っている高い可能性がきっとあります。
「にこにことした笑顔=認めていますよ」ということ。相手となる人の自分を肯定してほしいという欲求を満たすことができる技術である。あなたのくだらない冗談や話をきちんときいてくれて笑顔になっていただけたら嬉しい。
目立たないよう「自然に肩をたたくこと」又は「肩にそっと触れる」などはズバリ、「ボディータッチ」ですので、「近接な関係の距離55センチ以内への不自然を感じさせない侵入」と考えて「好感のもてる清潔感のある惹きつける匂いをうまくまとう」ことが大切です。
じつは愛情というものは言ってみれば義理の鎖だけで何とか保たれているのだ。そして当たり前ですが多くの人間の生まれついての性格は善ではないので、義理でつながった関係は自分の気持ちの基本で簡単にたち切れるものなのだ。



関連記事

  1. 二股から本命にさせる業とは
  2. 仙台に旅行
  3. 締め切りが近づいてますよ
  4. 全て整理する必要はない
  5. 全国展開
  6. なんか楽しそうですね。